先日、ルービックキューブを、Raspberry Piという数千円のマイコンが機械的に回して解を得る
動画を見てしまいました。

rcr_3d_printed_rubiks_cube_solving_robot.jpg

その機構部品のSTLデータとラズパイのプログラムが公開されているので、200$くらいで組み立てられるらしい。
これは、面白いと思って、STLデータをDMM.COMに送ってみると、10倍はかかりそうな価格だった。
どうも、3Dプリンターを自分で買って出力しないと、200$には収まらない様です。

そういえば、かなり前に義理の弟がルービックキューブにはまったけど、元に戻せなくて、解法を聞いてきた。
その時に、Webで調べたり本を購入して教えたのだが、せっかく調べたのだから、
仮想空間でルービックキューブを回してしまおうと考えて作ったのが、以下のプログラムです。

ルービックキューブのコピー


今回は、これにソルバー(解法を導くソフト)を追加してみようと考えた。
調べてみると、ルービックキューブの解法は、かなり整理されていて、最短で20手以内に到達するそうです。
ルービックキューブの1手というのは、6面×3操作(右90°、左90°、180°)=18通りあるので、
有限の計算で解が求まりそうです。
しかし、18の20乗=膨大な数なので、現在の計算パワーではとても実用的な時間内には終わりません。

そこで、世の中のソルバーは、以下中間目標に向けて計算をしているらしい。
①8個の頂点の位置を合わせる。
②8個の頂点の色を揃える。
③12個の辺の位置を合わせる。
④12個の辺の色を合わせる。
(③④は一緒に、やる方法もある)

この土日で、①②をやっつけました。

ルービックキューブ1のコピー

とっても疲れるけど、ボケ防止には良いかも・・・です。



 2017_09_04


8月11日~20日の10日間が夏休みでした。
大きなイベントは、帰省(新潟)しかないので、その帰りに色々行きました。
糸魚川のヒスイ海岸でのヒスイ探しは、その1つでしたが、何も採れず玉砕。

そもそも、じっと下だけ見る採集(鉱物では表面採集という)は、
2時間もやれば飽きます。これを、半日・1日やるのは自分には無理無理!!
ということで、諦めて糸魚川駅前のショップに行きましたが、お店が閉まっていた。
しかたなく、ヤフオクで以下を購入しました。

fhgy19982007-img600x450-1472627893wztue413506.jpg
fhgy19982007-img600x450-1472627894f5auzx13506.jpg

磨いてあるので、そこそこ高いのだけれど、往復の交通費と宿代で、これが2~3個買えます。
国産鉱物の値段に比べると、ちょっと安い様な印象。

私は帰省のついでだから、そうじゃないけど、これだけ狙いで行く人は、
よっぽど好きなのか、2~3個以上は採っているのかだと思う。(たぶん、前者)

ちなみに、海岸には私の様な人が10人はいました。(ヒスイより多い?)



 2017_08_26


久々の更新になります。

本日、講座を実施しました。
結局、12名の申し込みが有りましたが、1名キャンセルとなりました。
ただ、やって見ますと、10名前後がちょうど良い人数でした。

簡単な設定にしているつもりでしたが、皆さんあちこちで引っかかりまして、
ほぼ全員に、5~6回は質問されました。
時間的には予想よりは進み方が早くて、午前中は「デジタル鉱物図鑑」の
インストールまで全員終了しました。

来年もやるかと、問われますと、かなり微妙です。
「デジタル鉱物図鑑」を使った、鑑定練習になるかも知れません。



 2017_08_06


まだ、何人の参加になるかわからないのですが、
くじ引きの紹介をさせていただきます。(MAX20人分はあります)
これ以外に、大阪ショーのA4版ポスター(今年は黒雲母の展開図)を全員に差し上げます。

P7090527のコピー

こちらは、結晶図の対象鉱物です。燐灰石以外は、実際に測角しました。
左から、ベスブ石(中国)、燐灰石(玄倉)、両錐水晶(ブラジル?)、トパズ(ブラジル)。
P7090533のコピー

こっちは、人工水晶と魚眼石と燐灰石など、所有している大き目の結晶を準備しました。
これ以外に、作成した結晶模型なども用意します。
P7090537のコピー

さて、どうなりますか・・・・



 2017_07_09


口座のマニュアルを作成中です。
以下は、マニュアルの先頭に書いてある目次です。

iriuda2.jpg

午前中はインストールしてちょこっと動かすだけです。
既存の結晶データが700以上あるので、結構色々楽しめると思います。
そのデータを見てみると、意外なほど情報が少ないと思うに違いありません。

これなら作れそうと感じた頃(たぶん午後)に、1つ簡単な結晶データを作って頂きます。
14:00以降は応用編で、少し難しくなりますが、ここは聞くだけのコーナーになっています。
一応、中学生でも大丈夫だと思うんだけど、どうだろうか?



 2017_07_01



09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスカウンタ

プロフィール

WG管理人

Author:WG管理人
鉱物結晶研究家

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




pagetop