先日,地学研究に「面角からミラー指数を求める方法について」を投稿したところ、受理されました。
内容は少し難解かもしれませんが、判りやすいように,かなり推敲しました。

なお、地学研究会用には、以下を投稿済み,執筆中です.
 ①3Dスキャナーを使用した面角測定について<--2回校正済み
 ②ダイアモンドのブリリアンカットの結晶図作成<--受領された
 ③面角からミラー指数を求める方法について<--今回受領された
 ④鉱物結晶模型作成レシピ(執筆ほぼ完)
 ⑤鉱物結晶模型作成レシピ(その2)(構想中)

送ってすぐに,受理(か不受理)がくるのは,やっぱり投稿者としては良いです.
しばらくは,地学研究の方に投稿しようと思います.



 2017_01_14


今年も大みそかがやってきてしまいました.
先日、同志会の会誌「水晶」28号,29号が届きました.
年内は28号しか発行されないと思っていたので,少し驚きました.
28号には,
 ①お披露目鉱物展出品準備と十字沸石の結晶形態について
29号には
 ②万華鏡の様な水晶(その2)
 ③「鉱物結晶図鑑」出版記
が載っていました.

山田さんの格調高い化学分析付の論文は,各号共に健在でした.
内容的には,どちらもいつも通りで,レベルダウンはしていなかった.やれやれ.

ちなみにに,30号の原稿もよろしくとの差し込みが入っていました.
しかし,地学研究会用に以下を投稿済み・投稿予定のため,暫くはお休みです.
 ④3Dスキャナーを使用した面角測定について<--2回目の校正中
 ⑤ダイアモンドのブリリアンカットの結晶図作成<--受領された
 ⑥面角からミラー指数を求める方法について<--ほぼ執筆完
 ⑦楽しい結晶模型の作り方(構想中)

⑥⑦が採用されるかどうかは、全く分かりませんが,これらはシリーズみたいな内容
なので,途中から同志会に投稿するのは無理です.

原稿の投稿よりも,来年8月予定の入生田の博物館の講座のPRを,
会報に載せてもらおうと思っています.



 2016_12_31


今年の8月ごろに2冊寄贈しましたが,待てど暮らせどカーリルに出てこないので,
もう捨てられたと思っていましたが・・・・

今日,気になって市の図書館に行って,館内の端末で検索したら,ちゃんと2冊出てきました.
そしたら,何故カーリルにでないんだろうと不思議に思って訪ねてみると・・・
なんと登録されたのが,今日なんだそうです.
????今日,図書館に行ったのは,たまたまなので,しばらく呆然としました.
カーリルにもそのうちに出てくるでしょう.(たぶん)

それにしても,なんで4か月もかかるんでしょうかねえ・・・




 2016_12_24


昨日,題記の企画が正式に受理されたことが判りました.
というか,友の会2017年度講座一覧表に載っただけなんですが,
一応これで決定の様です.(友の会向けなので)

前回.「企画が正式に通ったら,またここでPRします.」としたので
もう少し詳細を書いておきます.

行事名: パソコンで鉱物結晶図を描いてみよう
日時: 2017年8月6日(日) 10:00-15:00
場所: 神奈川県立生命の星・地球博物館 実習実験室
対象: オープン(中学生以上)
募集人員: 20名程度 
参加費: 200円(資料代)
参加者持参品:ノートPC <--ここ重要です

なお,参加者には,以下をやって頂こうと思います.
 ①結晶プログラム(Quartz.exe)のインストール(事前に指定のURLからDLしておいて貰う)
 ②結晶データを読み込んで結晶図表示切替+印刷(PDF)+面角計算+STLデータ出力
 ③読み込んだデータを,色々変更してみる(これは面白いかも)
 ④指定された情報から,結晶データを作ってみる(単晶+双晶)

余裕が有れば,以下もやります.
 ⑤結晶成長するデータ作成のコツ
 ⑥展開図を使った紙模型
 ⑦STL 3Dデータを使った結晶模型

応募方法ですが,友の会会員は以下です.
・応募締切り日は、『友の会通信』の行事案内に掲載されますので、確認してからお申し込みください。
 原則として2週間前(宿泊を伴うものは1ヶ月前)です。
友の会会員ではない方には,このブログでまた連絡します.

以下は共通です.
・申込みは、往復はがきに下の必要事項を明記して、友の会事務局までお送りください。
 行事名/開催日/参加者全員の氏名・年令(学年)/住所・電話番号/各行事指定の記載事項
 FAXやE-mailでは受付けませんのでご注意ください。
・応募の結果は返信はがきで、開催日の1週間前ごろにお手元に届きます。



 2016_12_23


10月,入生田の博物館から,友の会2017年度の企画募集の案内が届いたので
「鉱物の結晶図を描いてみよう」という企画を提案した.
そうしたら,先日,開講予定講座企画の提出書式が送られてきたので,今書いているところです.

この提案書,A4×1枚の簡単な内容で良いみたいだ.
友の会員でなくても良い,「オープン参加」というのもあるらしい.
かなり前に加藤先生の講座に参加したが,あれもこういう企画だったんだ.

なお,今回は以下をやって頂こうと思います.

 ①結晶プログラムのインストール(事前に指定のURLからDLしておいて貰う)
 ②結晶データを読み込んで結晶図表示切替+印刷(PDF)+面角計算+STLデータ出力
 ③読み込んだデータを,色々変更してみる(これは面白いかも)
 ④指定されて情報から,結晶データを作ってみる(単晶+双晶)

企画が正式に通ったら,またここでPRします.



 2016_11_27



03  « 2017_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

アクセスカウンタ

プロフィール

WG管理人

Author:WG管理人
鉱物結晶研究家

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




pagetop