Danaの本について(その2)

Category: Danaの本  

今日は、Dana6、7、8について以下に比較します。

      著者       書籍名          発行年   頁数  
Dana6:E.S.Dana  THE SYSTEM OF MINERALOGY   1915
                            1134+Appendix(75+114+87)=1410
Dana7:C.Palache他  THE SYSTEM OF MINERALOGY  1944   834(Vol 1)
                              1951   1124(Vol 2)
                              1962     334(Vol 3)
Dana8:R.V.Gaines他 Dana's New Mineralogy      1997   1872

頁数的には、Dana7が最大ですが、Vol3は殆どがQuartzの記述です。
Dana7の問題は、高田雅介氏がペグマタイト誌の中で何度も触れられていますが、
結晶図はDana6等の物を使用しているのに、格子定数をX線解析で分かったものに
変更している事です。格子定数が変わればミラー指数だけでなく、結晶の方向も
変わります。結晶図を書き直すか、結晶図の格子定数とX線解析で分かった格子定数
を併記すべきと思います。また、Dana6よりも結晶図がかなり少なくなっています。

Dana8においては、さらに結晶図が少なく、文章の情報については、他の情報でも
補えそうな印象でした。値段も高いです。

Dana7、8は、Amazonでまだ買えますが、Dana6の入手は非常に難しいです。
ただ、著者のE.S.Danaは、1935年に亡くなっていますので、アメリカの
著作権法で70年後の2005年に権利が切れていると思います。
その内に、電子書籍が出てくるのではないでしょうか?
(既に出ていて、私が気付いていないだけかもしれません。)

Dana5以前については、次回紹介します。
スポンサーサイト

 2013_07_31

Comments


 管理者にだけ表示を許可する


06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アクセスカウンタ

プロフィール

WG管理人

Author:WG管理人
鉱物結晶研究家

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




pagetop