3Dプリンター(その4)

Category: 3Dプリンター  

昨日はクリソベリルの結晶模型を作ろうと考え、結晶データを作成してみました。
Dana6にあった結晶面と双晶面のデータで、結晶データは簡単にできました。

Chrysoberl_twin.jpg

これでは全体の1/3ですが、これを120°と240°回転して、3つを合成すれば
楽勝・・・と思いましたが、思い切りハマりました。
結局、以下の2つの問題が見えてきました。

1.接触双晶の双晶面とその近傍面のSTLデータにエラーがあり、Boolean処理ができない。
  原因を調べると、元々の結晶描画において面の法線情報に誤りがありました。
  これを修正するには、1~2週間かかりそうです。
  (⇒接触双晶のSTLデータ作成は、暫くお待ちください。)
2.上の結晶図のabc座標を見ればわかりますが、作ろうとしている結晶の中心が
  座標原点ではありません。したがって、3つの単純な合成ではクリソベリルの連晶はできない。
  たぶん、STLデータの原点を補正する機能が必要である。

仕方ないので、取りあえず単晶のSTLデータを60°ずつ回転して6個作成し、それらを合成して
以下を作成しました。ベニト石双晶と同じくらいの値段でしたので、1個くらい作ろうかな・・・

Chrysoberl.jpg

しかし、座標原点を調整するのに時間が掛かりましたので、2.の問題解決は必須と思いました。
誰でも使える形にするのは難しそうなので、取りあえず自分用に作りこみます。


<7/16追記>
 上記の1.は、思ったより簡単に終わり、修正完了しました。
 2.についても方法を考えましたが、これは結構大変そうです。明日から組み込んでみます。
スポンサーサイト

 2013_07_16

Comments


 管理者にだけ表示を許可する


06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アクセスカウンタ

プロフィール

WG管理人

Author:WG管理人
鉱物結晶研究家

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




pagetop