物欲とリスクのはざまで(その2)

Category: 鉱物結晶図鑑  

崩れていない壁を見上げ、しばし「れれれのおじさん」になってしまった私。
しかし、ここまで来て落胆していても仕方ない。

数時間かけて壁の周辺を探査したところ、石をたたいた跡があり、
その周辺で取りこぼした○○を1個だけ発見した。
しかし、それ以外には、これといったものが見つからなかった。

こんな事もあろうかと、その日は現地の安宿に泊まることにしていたので、
早めに切り上げた。
夕方に情報提供者に確認したところ、やはりそこで採ったらしい。
彼が採った時には、まだまだ採れそうな状態だったそうである。
えーそうなんですか????
その日は、もんもんとした気分で、なかなか眠れなかった。

翌日は、その周辺を再度探査したが、やはり採れない。
そこで、範囲を少し拡大してみると、何気に叩いた石から○○が・・・
その石からは、○○と△△だけでなく、××も少しだけ出た。
量もそれなりに確保できたが、同じような石はもう無かった。


事実から推定してみると、
私が行くまでの数週間の間に、崩落した?石が消滅してしまったらしい。
見たところ壁は崩落していないので、かなり小規模な落石で、
私が行った時には、その石はほとんどが叩かれた後だったと推定している。

そう考えると、初めから採れないリスクも存在していたのだが、採集できたのは幸運だった。
決行しなければ何も採れなかっただろうし、何よりも長年行きたかった場所で、
初秋の紅葉を見ながら採集できたのは非常に良かった。
おまけに、来年のおひろめ鉱物展に出せそうな××も採れました。



スポンサーサイト

 2015_12_15

Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アクセスカウンタ

プロフィール

WG管理人

Author:WG管理人
鉱物結晶研究家

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




pagetop