Amazonのカスタマーレビュー他

Category: 鉱物結晶図鑑  

昨日,Amazonのカスタマーレビューが増え,5件になっている事に気付きました.
鉱物本で,こんなにレビュアーが多いのは珍しく,有り難い事です.
ついでに,今のところ☆5つなのも有り難い事です.

その中の最新且つ長文である,2014/1/5のレビューについて紹介しコメントさせて頂きます.
前半部分はお薦めの文言が並んでいるので,ここでは省略します.レビューの後半に,物足りなく
感じた以下の2点を挙げられていました.(ちょっとだけ表現を変更してます)

①黄鉄鉱,方解石,黄銅鉱などの結晶には多様な形の結晶があるが,これらを結晶のバリエーション
 などで説明して欲しかった.
②自然には多い双晶や連晶などについての話がない.また,集合結晶になる鉱物では、結晶系との関連の
 話が少ないのは残念であった.

ごもっともなご意見です.以下は単なる言い訳です.

①については,出版前に原田さんや善財さんから,方解石と水晶について頁を増やすべきでは?
という意見がありました.しかしながら,この本の性質上2頁単位での追加が必要で,そうすると
形態の違う標本を最低でも各5個くらい追加で集めないとまずい事になります.
また,それらの結晶図も必要になります.さすがに,その時間は無かったので諦めました.

②については,後半の結晶学のはなしで双晶の頁を設け,そこで黄鉄鉱・水晶・スピネルなどを集中的に
説明しました.また,前半の図鑑部の中にも,閃亜鉛鉱・正長石・菫青石・ベニト石などの双晶を入れ
ました.なので,双晶の話が無いわけではないです.私も双晶が大好きですし・・・
ただし,双晶の実物標本は,なかなか入手が難しく写真掲載が少ないので,印象は薄いですね.

また,集合結晶と単結晶形態との関係については,昨年12月の池袋ショーのカタログで善財さんが
書かれている「拡大すると菱形が見える」みたいな視点で書けば良かったのかも知れません.
しかし,これはとっても難しいテーマで,ちゃんと書くには鉱物種毎に違った観点での観察や
電子顕微鏡写真などと比較して,じっくり推敲しないといけない様に思います.
ここをちゃんと掘り起こした人はいないと思いますので,参考資料も無く,つまりハードルはとても高く,
とは言え何か適当に書けば良いはずも無く,「松原先生の監修」に恥じない内容でないと掲載は難しい
と思っています.


ということで,遠い将来に増補版のはなしが有ったら,上記の追加を検討してみますので
今はご勘弁ください.


【追加】
  先日,久しぶりにDMM.COMを見ていたら,アクリルとナイロンに,イエローとグリーンが追加
  されていました.そこで,先日コムロさんで購入した実物のクリソベリルに近い結晶模型を,
  グリーンで注文しました.模型が届いたら,このブログで紹介したいと思います.


スポンサーサイト

 2014_01_10

Comments


 管理者にだけ表示を許可する


04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセスカウンタ

プロフィール

WG管理人

Author:WG管理人
鉱物結晶研究家

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




pagetop