以前から、自分の本がどこの図書館の蔵書になっているか、以下のURLで時々検索していました。
https://calil.jp/book/4486019784/search?pref=%E7%A5%9E%E5%A5%88%E5%B7%9D%E7%9C%8C

大学系の出版社なので、全国の大学図書館はもちろんのこと、大きな市の図書館にも
蔵書にして頂いているのが判ります。
特に、地元の神奈川県については結構頻繁に確認していましたが、それは
私が住んでいる市の図書館には、ずっと無かったからです。

しかし、発行から3年以上経っていますので、この先も蔵書になる可能性は
無いと思い、先日2冊寄贈しました。
しかし、待てど暮らせど、上記のURLに我が市の図書館は出てきません。

気になって、先日鉱物関係の棚を見に行きましたが、もう10年以上前の
本で棚がぎっしり埋まっていまして、最近出版された本も見当たらず・・・・
10年前にタイムスリップした感覚になりました。
どうも私の本は死蔵状態になったようです。

それでは面白くないので、丹沢の登山口にある「県立秦野ビジターセンター 」さん
にも寄贈しました。ここには、自然科学系(主に植物・動物)の本が少し置かれていまして、
鉱物関係の本もありました。
一応、鉱物結晶は自然科学であり、私の本は写真や図が多いので大丈夫と思い、
置けるかどうか検討してもらいました。その結果、本棚に入れて貰えることになりました。
(本の貸出しをしないので、上記のURLには出てきません)

ここには、小さい子供も多く訪れるので、眺めてもらえればうれしい限りです。
ちなみに、すぐそばに人専用の「風のつり橋」があります。
kazenoturibasi.jpg



スポンサーサイト
 2016_08_20


以前紹介しました、ビーズママさんの本を頂きました。
また、サーバー障害で止まったDMMの結晶模型ですが、届いていた分を紹介します。
既に障害は回復していますが、神の暗示と思いこのサイズ(3cm)で増やしていくことにします。

mokei0812.jpg

本の表紙の模型と何故だか大きさが近いのですが、横一列に並んでいる白いのが、
DMMの模型です。右下のは本の表紙で、UVレジンで作成した模型です。

DMMの模型の一番左だけ幅2cmで、それ以外の4個は幅3cmです。
さすがに2cm(1個)が届いたときには衝撃で、小さすぎました。



 2016_08_12


以前に書きましたが、安くなったのでいくつか作成依頼していたのですが、
本日、題記の様なメールが送られてきました。

うーん、自分はサーバ―メーカーにいた人間なんですが、回復に1週間ていうのは
ありえません。システム設計がめちゃくちゃだと思う。
以前の会社なら、治るまで徹夜です。


 2016_08_02



07  « 2016_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセスカウンタ

プロフィール

WG管理人

Author:WG管理人
鉱物結晶研究家

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




pagetop