先日、BSのNHKで、タイのセラドン焼きの窯元が経営不振に陥り、
対策として日本の有田焼の窯元から技術協力を受けて新しい焼き物に
挑戦している内容の報道がありました。

まず、タイのセラドン焼きですが、セラドン石というのを思い出しました。
デジタル鉱物図鑑で調べると、伊豆半島のやんだ海岸で沸石と一緒にとれる
緑色の鉱物でしたが、陶磁器の方はもう少し淡い緑色でした。
まあ、こっちは興味なくて記憶がほとんど飛んでいます。

私が興味を抱いた新しい焼き物の名前は、salaと呼んでいまして、
陶磁器上に放射状の結晶が見えました。
これは面白いと思って調べてみましたが、Web上では売っていないようでした。
(まだ、量産できていないのかなあ・・・)

そこで、日本の窯元の真右ェ門窯さんのHP(以下)を調べたところ、似たようなのが見つかりました。
http://www.sinemon.com/index.html

sinnemongama001.jpg


おおっ、これは・・・と思うのは、私だけではないでしょう。
デジタル鉱物図鑑で、絞り込み条件の晶相に「放射状」と入れて検索すると17種出てきますが、
その中のアルチニー石や銀星石にそっくりです。

上の写真ではちょっと色が足りないのですが、同じ商品を販売している別のWebが複数あって、
その中のJTOPIAさんのHP(以下)に以下の写真がありました。
http://www.jtopia.co.jp/s-mcas.html

sinnemongama002.jpg


早速、注文して昨日ようやく届きました。よく観察すると、以下の3層構造になっています(たぶん)。
・放射状の結晶(白色)
・釉薬(青色)
・釉薬(コーティング用の透明)

HPの内容を読むと、以下の文言があります。

 真右エ門(馬場九洲夫)は、窯変技法において日本を代表する作家です。
 「窯変」とは焼成中に土や釉薬に含まれる成分が化学反応を起こし、
 独特の色彩や結晶、結晶を生む現象の事を言います。
 その天然自然の美は宇宙の神秘にも例えられます。

あの有名な、「窯変天目」の親戚みたいですね。
問題があるとすれば、美しすぎて、これでコーヒーを飲む気にならないことでしょうか?
暫くは、眺めて楽しむことにします。



スポンサーサイト
 2015_06_28


私のPCは、自作・MacBookAir・Windowsタブレットの3台ありまして、
その内のWindowsタブレットは画面が小さくて指で操作できなくて、
付属のペンでツンツンするのに堪らずにお蔵入り状態でした。

最近、TVで新型のSurface3のCMがカッコよくされていましたので、
仕事の帰りに寄ってみました。(これさえあれば何もいらない?)
まあ、LTEのSIMカードが直接入るのは良いのですが、実際に見た印象は
中途半端な大きさでして、むしろ隣にあったSurfacePro3の方が画面がでかくて
欲しくなりました。

という事で、SurfacePro3をMacBookAirの代わりをメインとして購入しました。
とはいえ、6月に値上がりしたばかりで新品買うのはしゃくなので中古を購入。
しかーし、使ってみてびっくり。デジタル鉱物図鑑の画面が小さい。
これでは、またお蔵入りだーーー。

surface000.jpg


こういうのは小さな画面で高精細になっている最新機種の特徴ですねえ。
お蔵入りしたWindowsタブレット(8インチ)も同じでしたが、今回は12インチだったので、
互換機能などをいろいろ試せました。確かに文字は大きくなるのですが、
特にアドビ系のソフトでは文字が大きくなってもアイコンが小さいままなので困りました。
仕方ないので、結局、画面の解像度を(2160×1440⇒1680×1050)に落としました。

その他、色々とチューニングを施しまして、やっとMacBookAir以上になりました。
ここまで、約2週間・・・・あっ、でも画面が少しボケてます。

この辺りは、Windows8.1で見捨てたDeskTopの機能の1つらしいのですが、
1か月後に登場するWoindows10で、改善されることを期待したいなあ。
まともな一般アプリが出ない、タイル画面は失敗なんだから・・・・



 2015_06_27


久々の更新になります。
前回ブログで、飯田橋で「c軸方向から見て面白い(結構有名な)現象になる珍しい水晶」
を購入した事を書きましたが、それについて観察しました。
まず、どんなやつかと言いますと、c軸から見ると下図の左のように、まりもが6つ見えます。


mange_20150621a.jpg


これは、おそらく上右図のように、c軸上にあるまりもが光の屈折現象によって、青線のように
なっていると推定しました。
そうしますと、ガラス(水晶に近い?)の屈折率とスネルの法則から、図中のLが求まります。
(m面とr/z面の面角約38.2°も使用)
入手したのは、直径4cmの水晶だったので、c軸から約10mmのところに見えたのですが、
このときのLは約28mmの様です。
もう少し直径が小さい水晶では、中心から約5mmとして、Lは約14mmになります。

ここまで考えて、本当にそんなに調子の良い所にまりもが有るのだろうかと疑いだしました。
たとえば、Lが上記よりも大きい場合は、図の青い線は、図よりも内側に曲がります。
この時に、光が交差するところに目を置けば、同じように見える気がします。

また、Lが上記よりも小さい場合は、図の青い線は、図よりも外側に曲がります。
この時、水晶の上に拡大鏡(凸レンズ)を置けば、光は内側に屈折して、ちょうど
良い感じに平行になります。
つまり、c軸上にまりもが有れば、どうにかなるような気がします。

何とかして、これを実験したいので、水晶の形にカットしたガラス細工を探しています。
本物の水晶を磨いても良いのですが・・・・もったいない。
興味のある方は、是非実験してみてください。





 2015_06_21


今年も行って来ました。
今年の飯田橋ミネラルマーケットは、会場が7Fになった(今年だけ?)為に、
エレベーター前でお行儀良く並びました。
私は2列目でしたが、エレベーターに乗れるまでに6列になっていました。
6列目は外に並んでましたが・・・こんなの、たぶん日本人にしかできないと思う。
約30分であの人数、しかも知っている人も多く、マニア人気の高さがうかがえます。

やっと入れたと思いましたが、いつもながらに通路が人で一杯で、なかなか落ち着いて見れません。
最近は、購入よりも遠くの石友の方との再会がメインになっています。
今年も石の交換や情報交換などで、楽しい時間が過ごせました。
なので、何も買わないつもりでいたのですが、
c軸方向から見て面白い(結構有名な)現象になる珍しい水晶を見つけたので購入してしまいました。

午後は、新宿ショーに行きました。
≪特別展≫「鉱物の不思議で美しい模様と結晶」の「結晶」が気になっていたのですが、
グレードが高くて値段もとびきり高そうな結晶が展示されていました。金さえ積めば、
ツーソンで買えるのかなあと思うだけで、欲しいとは思いません。
もっと、うんちくを効かしたやつとか、サプライズが欲しかったです。

気になっていた講演に参加登録しようと思いましたが、既に立見席状態で断念しました。
という事で、会場全体を軽く見て帰りました。(ちゃんと見ていると財布が軽くなるし)



 2015_06_06


前回、#9の柘榴石が3つ集合したような結晶が思ったよりもあるなあと書きましたが、
実際に手持ちの標本の写真を撮ってみました。
まずは、#9の結晶がどう見えるのか、以下の結晶模型の写真を参考にしてください。
ちなみに、向こう側が出っ張っている様に見えますが目の錯覚です。凹んでいます。

P6020267のコピー

では、異なる6個の結晶の写真を以下に載せます。
それぞれの産地は伏せておきますが、十字沸石が有るところなら、良く探せば必ずあります。

P6020239のコピー
P6020242のコピー
P6020246のコピー
P6020249のコピー
P6020260のコピー
P6020262のコピー


探す際の注意点は上の写真にほぼ共通しています、さて何でしょう。
まずは、手持ちの標本を見直しましょう。



 2015_06_02



05  « 2015_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

アクセスカウンタ

プロフィール

WG管理人

Author:WG管理人
鉱物結晶研究家

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




pagetop