7月27日(日)は鉱物同志会の例会があり、参加しました。
今回のメインは、2014年お披露目鉱物展です。

事前に、主だった人には写真を撮るから良い標本を持ってくるように連絡されているらしい?
しかも、撮影は鉱物結晶図鑑の写真を撮影して頂いた善財氏らしい?
との情報を得ていたので止めようと思ったが、会長賞狙いで持って行きました。

会長賞は、堀会長の気分一つなので、狙ってもなかなか取れないのですが、
今回は標本から結晶図を作成し、そこから3Dデータ⇒3Dプリンターで結晶模型という
流れで作成した結晶図と結晶模型を添え、会長の気を引く作戦でした。
しかし、予想外に票が入ってしまって、なんと銀賞に・・・・

DSC00117.jpg


会長賞は、金銀銅賞以外の標本に与えられますので、狙いは外れました。
来年は、もう1ひねりした標本を・・・と思うのですが、
そもそも出せるレベルの標本が、もう無いです。

今思いつきましたが、次回は逆の発想で、
先に面白い結晶模型を作り、次にその標本を採集するというのが良いと思います。
そう言えば、灰十字沸石なんかはその候補です。どなたか、灰十字沸石の双晶が
それ程苦労せずに採れるところを、こっそり教えてください。

Phillipsite.jpg




スポンサーサイト
 2014_07_31



06  « 2014_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスカウンタ

プロフィール

WG管理人

Author:WG管理人
鉱物結晶研究家

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




pagetop