このシリーズはまだ続くので、カテゴリ「3Dスキャナー」を追加しました。
さて、今回は3D CGソフトの応用についてです。

3Dスキャナーの最新モデルを調べていると、性能が上がるほどポリゴン(3角形の面)数
が多くなりそうです。
しかし、あまり面数が多いと安い3Dプリンターでは出力できない場合がある様で、
その場合は、3Dソフトの機能で「頂点数の削減」を実行する様です。
これは、私のプログラムでやったポリゴンの間引きではなくて、複数の3角形を
纏めて大きな3角形にする処理です。(間引くだけでは穴が開いた状態なので)

昨日、「頂点数の削減」が高速で比較的に綺麗に実行できる「メタセコイア」という
日本製の3Dソフトを発見しました。
30日以内なら制限が色々付きますが、使えましたので実験してみました。
以下は、先日も紹介したゴルフボールのデータで、約35万ポリゴンです。

メタセコイア0722001


中央部を拡大すると、ひし形を基本に並べておいて小さな3角形を補完的に追加している様です。

メタセコイア0722002


以下は、メタセコイアの「頂点の削減」処理後で、約半分にしてみました。
数秒で処理が終わり、ちょっとすかすかした感じになりました。

メタセコイア0722003

中央部を拡大して見ると、器用に3角形を大きくしているのが判りますが、
はたして結晶の様な平面に適用したらどうなるのか判りません。

メタセコイア0722004


そろそろ、実際に3Dスキャナーで鉱物結晶をスキャンしてみたいなと思い、
DMM.COMでSENSEのスキャナーをレンタルしようと思って調べたら、
なんと8月中旬まで予約で埋まっていました。
夏休みの宿題で、利用する人が多いのでしょうか?



スポンサーサイト
 2014_07_25



06  « 2014_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスカウンタ

プロフィール

WG管理人

Author:WG管理人
鉱物結晶研究家

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




pagetop