今日、本当に画期的な判決が出ましたね。

そもそも、再稼働の審査は原子力規制委員会が行うものだったはずなので、
この判決自体が画期的ですが、判決内容についても画期的です。
おそらく、政府や電力会社や原発メーカや官僚や地元の推進派やマスコミなどから
まったくフリーの立場で公平に考えた結果ではないだろうか。

ところで、あなたの家や職場が原発から30Km圏内に有ったら、再稼働を認めますか?
普通の人は、事故が起きたら原発から100Kmでも、できるだけ遠くに逃げると思うのですが・・・
不測の事態はゼロではないはずで、再稼働に際し、そういう覚悟をもって容認できますか?
私は、事故発生確率が、リアルにほぼゼロでない限り容認できません。

実は、私の故郷は新潟県上越市で、隣の市にある柏崎刈羽原発から
ちょうど30Kmの地点にあります。(直接見えませんが、原発は山の向こうにあります)
昨年、帰省した際に原発事故が有ったら、どこに逃げるのか聞きましたが、
何も決まっていないようでした。
色々な不測の事態に対して、広範囲に亘る避難計画を立案できるとは全く思えない
のだが・・・


自分へのインパクトを考えると、自分が育った山や川が、汚染されて立ち入り禁止になって
しまうくらいであろうが、それすら、あまりの喪失感に言葉が出なかった。
福島原発の事故は、他人ごとではないのです。
もう2度と起こさないように、4重5重6重の対策をしない限り、再稼働すべきではないと思う。
技術者では無い裁判官にすら、ダメ出しされてしまう今のへなちょこ対策では、全く信頼できない。
それでも再稼働するなら、関係する部署の責任者には、原発内に住んでもらいたいと思います。

ちなみに、私は原発反対論者ではありません。



スポンサーサイト
 2014_05_21



04  « 2014_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アクセスカウンタ

プロフィール

WG管理人

Author:WG管理人
鉱物結晶研究家

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




pagetop