興味が有ったので,昨日の1時からの会見をずっと見ていました.
マスコミや世間の厳しい反応に対して,若い女性がたった1人で対応している姿が
何とも痛々しかったです.

こうなってしまった原因の1つに,理研と小保方さんの信頼関係の無さが有る様な
気がする.普通の会社なら,こんなに内部のごたごたを表には出さないだろう.
論文不正が有ったか無かったよりも,実験が正しく行われたのかどうか,つまり
STAP細胞が有るか無いかの方が重要であるのに,その手前でどたばたしているのは
何故だろうか?STAP細胞の存在が確定すれば,論文の体裁などは大事の前の小事
なので,どうして協力して,それを加速しようとしないのだろうか?
双方に,以下の問題が有るように思う.

理研:特定国立研究開発法人の指定に向かって焦って対応し過ぎた.
   小保方さんの会見では,そのヒアリングの仕方がフェアでは無い様に思えた.
小保方さん:(実験ノートの書き方意外に)詳細な実験レシピを公開していない.


実験レシピは,第3者が再現するには必須と思うが,意図的に論文にも書かず,
この期に及んで公開もしていないのは何故だろうか?
誰かが再現しさえすれば,身の潔白を証明する最大の効果が得られるはずなのに.


そうなったならば引く手数多のはずだから,もう理研には戻らずに,海外にでも
行かれた方がずっと幸せだろう.



スポンサーサイト
 2014_04_10



03  « 2014_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

アクセスカウンタ

プロフィール

WG管理人

Author:WG管理人
鉱物結晶研究家

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




pagetop