7月14日から、DMM.COMの3Dプリンター出力価格が下がりました。
これまで作ったデータで比較すると、以下の様になります。

DMM#DKAKAKU

横軸が結晶の左右長(mm)ですが、これまで大きさを小さくしても価格が
下がらなった傾向があったのですが、今回はかなり下がります。
早速、お試しで1個発注しました。

ただし、これは素材がナイロンの一番安い白色の場合で、アクリルでは
それほど下がりませんでした。



スポンサーサイト
 2016_07_16


注文していたクリソベリルの模型が届きました.
ちょっと慌てててデータを作ったので,隙間が空いてしまいました.
データは作り直しましたが,もうキャンセルできなかったです.
接触双晶のブーリアン処理は,エラーが出てしまって難しいです.

DSC00768のコピー


色はグリーンで頼みましたが,写真の様に黄緑色で,なかなか良い感じです.
これはこれで良しとします.



追記:先ほど,DMM.COMで,今までの模型データを公開しました.
   「カテゴリ:その他」に6個登録されています.
   4000-5000円と少し高いので,良ーく考えて注文してください.



 2014_01_15


今日は,久々に3Dプリンターです.
最後(本人はそのつもりだが?)の模型がDMMから届きました.
右は,正4面体の貫入双晶で,鉱物結晶図鑑の28頁でも,昔は「ダイヤモンド式双晶」
と呼ばれたらしいと記述しました.その後,ここのブログのカテゴリ「Danaの本」
でも書きましたが,Dana4(1850年頃出版)に記述されている事が判りました.

今回初めて着色無しの「白色」で作りましたが,結構良い感じです.
余地のズニ石には,貫入双晶タイプも有るらしいのですが,こんな感じでしょうか?

DSC00741のコピー


でもって,左の模型は,とあるWebに置いてあったフィギュアのデータ(PLY形式)で
作成したものです.(「3Dプリンタで出力してみて下さい」とあるので誰でも注文できます )
私の狙いは以下の2つ.

1.受け狙い.(特に子供向け)
2.PLY形式では模型表面の色や図を指定できますが,それの出来上がりの感じを見たい.
  ちなみに,下の図は帽子のガラです.これを,実際の鉱物表面の写真にすれば,面白い
  と思ったわけです.

さて,作ってみた印象としては,下地が石膏なので,色がボケます.
鉱物結晶のフェイク物を作ろうと思っていたのですが,まだちょっと無理の様です.
ただし,数年後には確実に可能になっていると思います.

001.png



 2013_11_03


25日に注文した結晶模型が,今日届きました.
5日は最短です.プラスチックは,早いのかなあ?
形の出来は,まあまあなんですが,色が今一つでした.(特に紫色)

DSC00707のコピー


でもって,これまで作った模型を1箱に纏めました.
あと1区画空いているので,何か作ろうと思っていますが,
ちょっと浮かんできません.

DSC00714のコピー

 2013_09_30


久しぶりに,STLデータを作成しました.
1つ目は,Phillipsiteの多重双晶です.
Shapeを持っている人は,Example5をVRML形式で出力すれば良いと思いますが,
私はDEMO版しか持っていないので,QuartzVS.exeで単晶を作り,
後はBlenderで単晶24個をごにょごにょ連結して作成しました.

Phillipsite.jpg

2つ目の結晶は,切頂20面体です.
これは,1度紙模型を作ろうとしましたが,これだけ面数が多いと難しく,
形が歪んでしまって,失敗していました.
STLデータはすぐ出来るので,どんな感じになるか作ってみる事にしました.

切頂20面体


両方とも,4cm×4cm×4cmなので,そこそこの大きさです.
DMMは盛況らしくアクリル材が不足とのこと.
なので,ナイロンで依頼しました.完成したら写真を載せます.


 2013_09_25



09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスカウンタ

プロフィール

WG管理人

Author:WG管理人
鉱物結晶研究家

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




pagetop